桃太郎電鉄 桃鉄携帯>八つの玉
KANTOバージョンでは、八つの玉を集める事により、報奨金が大量に出て、
たくさんの物件が購入出来るようになっています。

1回目は目的地到着賞金の10倍。
2回目は目的地到着賞金の20倍。
3回目は目的地到着賞金の30倍。
4回目以降は30倍のまま。

+報奨金はその経過年数や連続ゴール数に応じて変わってきます。

連続ゴール数が多ければ多いほど、報奨金も増えますので、
八つの玉が集まってゴールする時が1回目のゴールだと、結構少ない金額しかもらえません。
反対に10回目の連続ゴール時とかになると、たくさんもらえるので
そこを狙ってゴールしましょう。

八つの玉は、ゲームを始めた最初の頃は出てきません。

どうやって出すのかは分かりませんが、5年くらい経過する頃に
到着地が「館山」になる事があります。

館山に誰かがゴールする事によって、イベントが起こります。

館山にゴールをして次の目的地が決まった後に、「ガガガッ」と画面が揺れて、
八つの玉が「パーンッ!」と飛び散ります。

【仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌】という名前の八つの玉ですが、
この玉は「プラス駅」にしか落ちていません。

どの駅に玉が落ちているのかを知る方法は、コマンドの「レーダー」を見る事によって
分かります。

プラス駅が隣同士にある所には、八つの玉も隣同士に落ちている事もたまにはあるのですが、
だいたいの場合は、関東各地に飛び散ります。


どうやって、八つの玉を効率よく集めて行くか?

管理人は最初の頃は、スペシャルカードを大量に持って、
レーダーを見ながら、八つの玉集めをしていました。

スペシャルカードは、茨城県の【石岡駅】と、千葉県の【久留里駅】で購入する事が出来ます。


しかし、ある日レーダーカードを引いたのです。
レーダーカードは、八つの玉を一つ引き寄せるカードですので
このレーダーカードをダビング駅でダビングする事により、レーダーカードを増やして、
自分が動かなくても、八つの玉をカンタンに集める事が出来る事を知りました。

問題は、ダビング駅でレーダーカードを増やしているうちに、
他の社長さんたち(対戦相手)が、先に目的地にゴールをしてしまうという事です。

ですので、目的地を目指しつつダビング駅でダビングしまくって、
八つの玉を集める事に集中していきます。